わんと、猫と私の毎日
我家のペットと、運命的な出会いのわんや、にゃん達。幸せの道をめざしての奮闘気。そして毎ペースな私の日常。

最新記事



フリーエリア



カレンダー

04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



プロフィール

はるうらら

Author:はるうらら
わんと猫と私の毎日のブログにようこそ。
案内役を務めますサリーです。
超ナチュラリストのお母たまとわんとにゃんの毎日のおもしろ可笑しいブログです。



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QRコード



検索フォーム



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山ふところ




先日に。
友人達と古民家を改造した隠れ家的な、おうどん屋さん
山ふところに行って来ました。
築100年とか・・・・
子供の頃はこう言った感じの家が多かったです。

314-6.jpg

まだ残暑厳しい折でしたが、庭の緑が涼をよびました。


314-1.jpg

部屋から庭を見た感じ。


314-3.jpg


子供の頃ご近所に遊びに行くと、何処もの家がこんな間取りでした。


314-8.jpg

何だかんだと辺りを見回し、昔話に花を咲かせてる頃に
ピチピチ、ツルツルのおうどんが運ばれて来ました。
鳥の唐揚げがまた絶品。


314-5.jpg

付け合せも大変美味しゅうございました。


314-2.jpg

最後にはコーヒー。
器が素敵で感動~。
日頃の喧騒を忘れてのんびりと時を過ごす事ができました。

314-10.jpg

家に帰れば子猫ちゃん達が待っています。
どうか早く素敵な里親さんに巡り合えますように



スポンサーサイト

兎遊さんへ。

266-4.jpg

てるてる坊主のおかげで。
夏を思わせる感じのお天気に恵まれて子供達はジャガイモ掘りを楽しみました。

同僚のお母様が作られる菜園で大きなジャガイモさんに
歓声をあげて喜ぶ園児達。


266-3.jpg

あっと言う間に沢山収穫が出来ました。
美味しそうじゃがいもさんでしょう~
今晩は何をしようかしら?


266-1.jpg

お昼過ぎに園児を見送った後は慌てて家に戻り
アメションもどきのニャンズにミルクを飲ませて
その後、友人と共に兎遊さんに。
現在は故郷で有るこの地で週末だけ営業をされています。
開店の頃には何度か訪れたのですが、
その頃は誰がオーナーさんか知りませんでした。

266-6.jpg

私の友人は仙台出身で、ご家族の方が被災されて命からがら
生き延びられたようです。
友人が5月の連休に里帰りをした時の写真です。
現実を目の辺りにして言葉も出なかったようで涙ばかりが
溢れ出て・・・・


266-5.jpg

自分の住んでた家も、綺麗さっぱ新地になっていたようです。

兎遊さんは、阪神大震災で被災されました。
その経験を活かし東北大震災の現地に今尚物資を送られています。
現在は有志が集まりクッキーを焼かれて送り届けていらっしゃいます。

266-9.jpg

右下に見える文字は
”ただ合掌 お疲れさん”
”私達は いつも一緒”
”私達は 決して・・・(読み取れません)
”私達は 大丈夫です。こんな感じに読み取れました。

兎遊さんは、そのクッキーを所構わず送るのでなく、
出来れば個人から東北の被災された知り合いに直接届くように
こころちゃんママを通じてお話が有り。
その友人と一緒にお礼がてら宛名を知らせに兎遊に出向いたのです。


266-2.jpg

山や田畑に囲まれた小さな村で、東北大震災で被災された皆様や
動物達のために募金活動をされたり、物資をずっと送り続けて
いらっしゃるオーナーさんの優しい目の輝きに凛としたものを
感じました。
素敵な出逢いに感謝です。


266-7.jpg

そして。
友人が作った募金箱。
友人の話ではペットの義援金もけっこうな金額が集まっては
いるけれど、人間と同じでなかなか行き渡らないそうです。
ならば、夏に帰郷する時に友人が石巻動物救護センターに自ら届けたいと
作ったそうです。

店内に置いて有りますので、ご来店の際目に留めて頂き、チャリンと
入れて頂きましたら、とっても嬉しく思います。

暖かい人の心意気に触れ、またまた元気を頂いた一日でした。








お祭り



5月1日は次女の嫁ぎ先の丹後の辺りはお祭りです。
毎年ご招待を受け出かけます
今回はたまたま1日が日曜日でしたが、平日は学校も仕事も
お休みになるそうです。

240-11.jpg

一軒、一軒の家を御神輿さんとともに練り歩き。
女の子は笛を吹いて町を歩きます。

240-6.jpg

各、家庭で用意したご馳走が振舞われます。
男衆はお酒を酌み交わし。
プチ宴会となります。
しかし、一軒、一軒廻っていたらみなさんお腹も満腹。
ヘベレケになりますねぇ~


240-5.jpg

そして。
一段落すると。
家の前で太刀振りの舞を踊ります。
小二になると、この衣装を着て舞う事が出来ます。
長男も去年からの参加で1ヶ月近くの練習を経て晴れ舞台です。


240-4.jpg

御神輿一行が去って行った後は。
家のお客様用のご馳走になります。
オードブルや、御寿司は注文されますが
それ以外は朝早くから嫁ぎ先のお母さんが腕を振るわれます。

次女は、サンドイッチ担当だそうです。
どれも、これも美味しゅうございました。

お腹が一杯になった後は。

240-3.jpg

男衆が衣装を着替えて御神輿担ぎ。
ワッショイ!ワッショイ!と威勢良く。
次女の旦那様曰く、お酒が入らないと担げないくらい重たいそうです。

またこれも休憩のの度にお酒が振舞われていました。

240-7.jpg

地元の神社では獅子舞が舞っています。

240-2.jpg

境内では小学生、全体が集まり一斉に太刀振りの舞を披露します。
中学生、成人と装束が変わります。
境内の準備が整うまで出番待ち。

240-10.jpg

一人での太刀振りを舞われます。
太刀をこのようにして後ろから前に何回も飛ぶのです。
何回も続くと拍手が起こり、出番待ちの子供たちは憧れの的。

240-1.jpg

やっと出番が来ました。
頑張って上手に踊る事が出来ました。
親から子へ子から孫へ地域住民が受け継いだ伝統行事。
これから先も絶やすことなく引き継いで行って欲しいと思いました。



枝垂桜



昨夜は枝垂桜を見物に出かけました
暗い画像でごめんなさい。
カメラに文句を言って下さいまし

236-3.jpg

ライトアップも今週で終わりと人づてに聞いて
昨年は傘をさしての見物だったのですが、
何とか雨は免れました。

236-2.jpg


毎年お見事に咲いてくれます。
見せてくれます。
本当に綺麗でした。

236-6.jpg

幻想的な世界に引きづり込まれていたのですが・・・・

クゥ~っと小腹が・・・・

現実的な世界に舞い戻り。
もう~8時半は過ぎていました。
あぁ~花より団子と情けない。

その後ルイちゃんちでバーべキュウをワイワイと頂いたのですが、
お腹空きすぎて、これまた画像は有りません。

236-4.jpg

さてさて一夜明けて。
雨です。
サリーたんお庭の散策が出来ず退屈ですねぇ~。

236-5.jpg

雨にも負けず風にも負けず。
ナルミさんはお外に、ご用時で・・・・
はぁ~っヨッコラショッ
濡れてしまったワン。

236-7.jpg

雨降りは寝るに限る
お鼻がつぶれますよナルミさん。

236-9.jpg

サリーたんも

236-8.jpg

ちょっとおまけ。
棚からぼた餅
夕方にジジオままが届けてくれましたぁ~

母がおはぎを作っては南天の葉をあしらって、よく届けてくれたのを
思い出しました。
懐かしい母の味がしました。
とても美味しかったです。



お宮参り

東北地方太平洋沖地震で家を失った
被災動物たちに支援の手を

こちらをクリックしてくださいませ。


                   


215-2.jpg

3月20日は三女のお宮参り。
次女の家から車で10分ほどに有る一宮・籠神社で
健やかなる孫の成長の祈願をして頂きました。

215-1.jpg


千の愛とかいて千愛(ちあ)
誰からも愛されるようにと。

くろちゃんママからの手作りの紅白のお餅を頂きました。
有難うございました。

千の愛から億千万の愛へ。
東日本大震災の被災地の皆様を世界中の皆さんが大きな愛で包み込み
一日でも早い復興が出来ますように、明るい未来に向かって希望の
光が灯りますように。
一緒に祈願をしておきました。

215-3.jpg

ナルミさん元気にしていますよん






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。